劇団 どんぐり 

 子供向けの劇団ではありません。

富士山が見ていた

   29才のピアノ教師、良子は妻子ある男性Mと情事を交わしていた。いつも抱かれるたび、窓から冨士山が見えた、というより冨士山に見られている気がした。 窮屈な関係に嫌気がさした良子はMと別れるが、Mは報復に大量のリベンジポルノを世界中にばらまいた。 一夜にして変態ピアノ教師の地位を不動にした良子は肉体の全て以外に、両親姉妹、出身校、友人までさらされてしまう。開き直るしかなくなった良子は日本一の変態に... 続きを読む

お尻で払います

  こんな夢を見た。 知らない人妻のマンションのベランダに私はいた。彼女はフトンを干しながら下界を見下ろした。私が干したてのフトンの匂いが好きだというと、彼女はフトン叩きでフトンを叩くのが好きだと言った。 ともかく、このご恩はお尻で払いますからと人妻は言った。私にはなんのことか思いあたらなかったが、彼女は私に尻を向けミニスカートをめくった。白いパンティーが丸見えになる。ベランダの室外機の上にフトン... 続きを読む

彼岸花

   葉が無きは  罪せおいしか  彼岸花 (本人による口語訳) 彼岸花に葉がないのは何かの罪を犯して咲いたからなのですか、彼岸花よ。  彼岸花は葉っぱがないのに惹かれます、あの毛細血管のような細い花。 はっきりは覚えてないのですが昔よんだ本に、クラゲは、むかしトビウオより早く泳いでいたそうで、そのクラゲがなんらかの罪を犯してしまい、他の魚たちに骨をすべてボキボキと抜かれてしまい、泳げなくなったク... 続きを読む
 文学  3  0

チューリップとサムライ

   さいきん、どんぐり1号は色気づいたのか鎧だの日本刀に興味津々です。この前も大正ロマンの鎧展に一緒に行きました。 それはグランドピアノのイスに鎧が座っているのと、ギターを抱えた鎧だけの展示。まあ、タダだから鎧を着れないのは仕方の無いことでした。 それでも、さすがはドングリ1号、啓示を受けたのでした。次回作の時代劇のラストは鎧武者の殺陣はチューリップ畑でやろうと言い出したのです。さすがはどんぐり1... 続きを読む

カナブンびより

   良子は田舎に住む平凡な主婦。ある日、良子の家の庭に巨大カナブンの死骸が転がっていた。茶色いやつ。 良子は虫が触れないので、警察に電話したが、「民事には介入しません。」 と相手にされなかった。それでも、しつこくなんとかしてくれと言うのだったが、「カナブンが出たくらいで110番するな。」 とポリスマンはピストルの入った黒い革のケースを撫でた。 困った良子は受信料を払っているのでNHKに電話した。... 続きを読む