fc2ブログ

カメ

   日曜に、どんぐり1号と笑笑(居酒屋)に行きましたが、4時50分に着いてしまいました。

 5時開店なのに、看板のネオンは点いています。まだ外も明るいし、我慢できない酒飲みみたいで、私は店に入るのを恥ずかしがっていました。

 「貴様にも、まだ恥ずかしいという感覚が残っていたのだなっ!」

 と、1号は私のことを鼻で笑いました。彼は家宅捜索に来た密造酒Gメンのように店にヅカヅカと乗り込んでいきました。

 店は、それからしばらく私たちの貸切状態が続きます。

 さいきん、カメの手という貝の珍味を食べたと日本酒の熱燗かたてに私が話していると、1号はカメを食ったことがあると白状しました。この男なら浜辺でイジメられていたカメを子供から奪い取って食べるくらいのことはやるでしょう。

 なんでもカメの生き血まですすったそうです。

 「それはスッポンではないのか?」

 私が聞くと、スッポン鍋を食いに行きOLにセクハラをしただけのことだそうです。

 しかし、それにしても私はカメを食おうとは思いませんし、食べることもないでしょう。ただ、最初に食べようと思った人がいたのは不思議な気はします。

 そんな話をしていると1号は、「それは、きっと飲み過ぎた酔っ払いが食べようとしただけのこと・・・。」 と、言います。何年か前、炉端焼きの店で飲んでいるとき、不意に私がいなくなったことがあるのだそうです。

 しばらくして、近所の川でナマズを捕まえてきた私は、これを料理しろっ!と、泥だらけで帰ってきたそうです。店の大将は呆れながら蒲焼にしてくれたそうですが、セッケン臭くて食えたものではなかったのだそうです。

 私は、あまり覚えていませんが、「このっ料理ヘタクソがっ!」 と、大将を罵っていたのは覚えています。

 「だから、酔っ払いはキライなのさ・・・。」

 そう、つぶやいてはみましたが、そのとき既に私はオシッコをもらしそうなくらいに酔っぱらっていました。

 

 

 

  

  


 

 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

獲ったナマズを自転車のカゴに入れて運んでいる途中、
ドブに落ちて泥だらけになった団長が面白かったです。

Re: No title

 それはファンタジーですね。

nswakcz@outlook.com

cjgznh@gmail.com

劇団 どんぐり  カメ

ynqnyvoemgt@gmail.com

劇団 どんぐり  カメ
押してください
おしてください

FC2Blog Ranking

リンク