fc2ブログ

足の裏

  足の裏にほくろができました。私の専属占い師は「近々、いいことがあるよ。」と言います。

  もう、それから3年が経ちましたけど。なにひとつ、いいことは何も起こりませんでした。

 足の裏のほくろは歩きボクロと言って、足の裏を、きちんと洗ったほうがいいそうです。たいがいはそれで排水溝に流れていくそうです。

 お風呂場で足の裏を洗わない若者が増えているのが原因だそうです。

 今日、あなたは足の裏みたいな顔してるね、と言われてそんなことを思いだしました。

 だから、もう寝ます。

 

    

 
 

 

今日は眠くて

  今、飲んでます。ニューヨーク57番街では飲みながらブログを書くのが、ちょっとオシャレなのだそうです。しかも、飲みながら書くと、よく眠れます。

 飲みながら書くコツは他人になることです、他人の目線で自分を見ることなのです。そうすれば誰にも愛されてないことが、よくわかります。

 飲みながら書くと誤字脱字が増えます。でも大丈夫です。私はブラジル留学生なのです。

 ここ何日か、毎日のようにピアノを見ます。私はピアノが弾きたいのかもしれません。今日もタケモトピアノがピアノをかっさらって行くのを目撃しました。

 昨日も、ピアノ売ってちょうだい!というコマーシャルを見ました。その前の日も。その前の日も。

 飲みながら書くと、意味の無いことも書き始めます。

 昨日、初めてネイルアートに挑戦しました。油性マジックで絵を描きました。12星座を描いてみたのですが2本指が足りません。足の指に描こうとしたのですが、足が臭いのでやめました。

 飲みながら書くと、急に終われます。

 sdふぁfdさふぁ・・・。 

 

 

 

 

 

   

 

   

 

薔薇

  今日、両親とバラ園に行きました。2万本のバラです。かなり広いので、バラに恋する乙女に見とれていた私は、すぐに両親とはぐれました。
 
 アフリカでは、少年は両親とはぐれて成長していくものなのです。こきたない両親をバラの中で見つけるのは簡単だと思っていましたが、この人ごみの中では見つかりそうもありません。

 私は顔の高さにある花を見ていると、天国にいるような気分になります。昔からそうなので、理由はわかりません。もし、その秘密を知ってしまうと、それを感じなくなるのなら、知らなくていいのです。人に笑われても。

 おお、完全なピンクを見つけました。オレンジと、ピンクの間にある色です。周りの空気の色まで変えていきます。私が、うっとり、よだれを垂らしながらピンクのバラを見ていると、幼い女の子が近づいてきました。1枚のガムを半分にちぎって、「おにいしゃん、ガム。」と私にくれました。

 私は、ガムと幸せを噛みしめながら、両親を探す旅にでました。

 ようやく両親も、犬に吠えられてる薄汚い息子を見つけたようです。「バラよりビールじゃ。」、私は母をバラから引きはがして、家路に向かいました。

 

  ここ、二日、雨が振り続けました。白い空から雨が降ります。私はそんなに嫌いじゃありません。誰も酒を飲もうとは言いません。誰もUFOを見に行こうとも言いません。平和な1日です。

 少女たちが傘をかついで、帰るのを見るのが好きです。小さいから、傘を真上に差すと前が見えないのです。傘の角度とか、小さな困難に立ち向かう瞳が好きです。

 少年は嫌いです、カゼをひくといい。学校、休めるぞ。

 雨音は雑音を消してくれるので、私は考え事をします。どうやったらダンサーになれるのだろうか?とか、今晩はどのパンツを履いて寝ようか?、しんみり考えてしまいます。

 古い歌を聴きながら、日本酒を飲んでいます。しんみりと。

 疲れました。私は頭を空っぽにするために飲んでいるのです。今日はきっと飲みすぎてしまうのでしょう。

 また、きっとノーパンで寝てしまうのでしょう。

 

 
押してください
おしてください

FC2Blog Ranking

リンク