fc2ブログ

絵本出来ました。

 パンツを脱いでブログを書いてる私ですが、みんな寝静まったあと、ひっそり絵本を描いていたりします。それは、それは真夜中にしか見えない物語。

 むかし、臨死体験を繰り返す知り合いのジジイが株や債権相場の未来が分かるようになり、有名人になりました。ジジイは占い師のよに、私に「童話を書きなさい、君は天使を見ているから。」と言いました。

 私は鼻で笑いました。

 しかし、天使を見ている、それはあながち間違ってもいなかったのです。私は天使のフワフワの羽を触ったことがあるのですから。

 ・・・中学3年の頃のこと。クラスメートに水泳の授業のたび休む女の子がいました。理由は腋毛を剃れない秘密があるからです。彼女は、ワッキーゲと呼ばれいじめられていました。イジメの嫌いな私はみんなに、「天使の羽なんだぜ、あれは。」と彼女をかばっていました。

 それから、彼女は私だけに心を許すようになりました。ある日、一緒に学校から帰る途中、私はたまらなくなって、「腋毛を見せて!」、と言ってしまいました。私は自分が守るものの意味を知りたくなったのです。彼女は、○○君になら見せてあげると、脇の下に生えているものを見せてくれました。

 触っていいと、聞くと、小さく頷きました。嗅ぎながら触ってみると、その天使の羽はフワフワではなくふさふさでした。

 今ならば、そのあと下の毛も見せてと言えるのでしょう、でもそのときは脇の下から乳首の臭いをかぐのに精一杯でした、もう昔のことです。


 追伸。

  そういうわけで絵本を造りました。

         ここからどうぞ  

 

 

 

 

 

 



コメントの投稿

非公開コメント

No title

クワガタも何者やねん!と言ったチュ-リップ聖人は重要な役どころだったのですね。
自分の視点の素晴らしさにうっとりしました。

選択したものの、結局どちらも観てしまいました。
ところで、どんぐりオッサンが好きなのか、お相手が好きなのか想像したくありませんが、後ろがお好きなようで。

とりま感想は、いろんな意味で、エグイ。

Re: No title

  それは描きやすいか、描けないかの問題です。男は描けないのです。

 そもそも、私はえっちいのは嫌いです。

yupvwep@outlook.com

uyrmrab@gmail.com

What’s Happening i am new to this, I stumbled upon this I have discovered It absolutely helpful and it has aided me out loads. I’m hoping to give a contribution & help different users like its helped me. Great job.|
cartier bague love http://www.clovejs.ru/fr/cartier-love-ring-replica-c136/

zuglwocaqi@gmail.com

劇団 どんぐり  絵本出来ました。

yueguo678f@gmail.com

Ranjisinghi ‘Bobby’ RamroopMore recently there has been the purchase of millions of dollars in satellite uplink facilities that have been lying unused for two years now.
Wholesale China Jerseys http://wholesalejerseys.thachero.com/

yueguo678f@gmail.com

”On the journey to Kwakwani, Kaieteur News noticed a number of loaded trucks, carrying Bai Shan Lin’s logo, making their way to Georgetown.
Cheap NFL Jerseys http://www.cheapnfljerseysonsale.us/

yueguo678f@gmail.com

”“I ensured ethnic balance across the country and geographic balance.
Cheap Authentic Jerseys http://www.newjerseybiz.net/

lipvmjzcg@gmail.com

劇団 どんぐり  絵本出来ました。
押してください
おしてください

FC2Blog Ranking

リンク