fc2ブログ

女を捨てた女

  うちの若い人と飲みに行きました。ハタチそこそこの女の子がいるのですが、待ち合わせ場所にスーパーカブ(90cc)で現われました。格好が女子レスリング部の練習あと風のいでたちです。

 彼女には去年の冬も、「唇ガサガサだぞっ。真っ赤な口紅を塗れとは言わんが、オロナインのリップクリームぐらい買え!」など、さんざレディーのたしなみを教えてきたのですが、このザマです。

 私がイヤミを言うと、彼女は「女は捨てましたから。:」とポツリと言いました。

 もてなさすぎるとこうなるのかと思いましたが、彼女に女の喜びを捨てた理由を聞くとバレンタインに送ったチョコを神社に捨てられていたからなのだそうです。

 それで彼女は女を捨ててしまったそうですが、逆に楽に生きられるようになったと言います。彼女は女らしくではなく、自分らしく生きているそうです。しかし、私には彼女はオッサンに見えます。ジャージでパチンコ屋へ行くオッサン、リーチが外れて台をバンバン叩くオッサン。おっさん、オッサン、汚いオッサン・・・おっさん、オッサン言う奴がオッサンじゃ!

 私は、ふと思いました。

 そうだ、私はオッサンを捨ててしまおう!そうすれば、近所の子供たちに「変なオッサンだっ!」などと言われ踊らずにすみます。

 「オレも今日からオッサンを捨てたいんだが。」

 ここはひとつ、彼女に逆に相談してみました。すると、彼女は「生まれ変わればいいだけのことです。」と名前も知らない死にかけの虫を見るような瞳で答えました。

 まあ、自分を捨てるのではなく、自分が変わればいい、自分が変わるしかないということか、二次会も終わり私はフラフラになりながら、まだ肌寒い街へ出ました。

 翌朝、目覚めると何故か公園でした。そこへ「わーい、変なオッサンだ~」と近所の子供たちが群がり、私の下半身にまとわりついてきました。

 


 

 
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

われわれ劇団員は、時おり、団長のことを

名前は知ってるはずなんだけど、

どうしても名前が思い出せない死にかけの虫を見るときの瞳で見ることがあります。

偶然ですね♪

Re: No title

 名前まで忘れていただき有難うございます。

 私ですら、捕まったときは名前を忘れるものですから仕方がないことかもしれません。

 

No title



わ~い 変なおっさんだ~~~♪

 

Re: No title

  実を言うと私は変なオッサンではありません。子供たちには変なお兄さんと呼べ!とイタズラするぐらいですから。

wptvbop@outlook.com

snuvxzmkg@gmail.com

劇団 どんぐり  女を捨てた女

qgwmpzcer@gmail.com

劇団 どんぐり  女を捨てた女
押してください
おしてください

FC2Blog Ranking

リンク