FC2ブログ
  クリスマスの日は人混みに紛れるのが好きで。

 赤と白で飾られたアーケイド街で、店の前に立たされた女の子が、
「焼きたてのケーキいかがですか~。」

「おいしい揚げたてのチキンいかがですか~。」

 など、クリスマスで浮かれたカップル達のなかを赤い目をして、大声を出しているのを見ているのが好きです。ああ、これは現代のマッチ売りの少女。

 宝くじ売り場で声を出している男の子は、何もかも悟ったように瞳を閉じ、毎年のよに一等何億円が出ていると繰り返し繰り返しアナウンスしていました。きっとウソをつかされてるのでしょう。

 彼女たちは、こんな日に何してるんだろう?サンタのカッコで、そう考えているのでしょう。そして、さらし者の屈辱に打ちひしがれ、何かを訴えるような目でこっちを見ています。店長が、もっと大きな声を出さないとクビだといいに来ました。女の子は泣きそうになり、もう返事することも出来ませんでした。



「メリークリスマス フォーミー♪」
 それを遠くで見ていた私は、辛島美登里のサイレントイブのフレーズを口ずさみます。私がこの歌のレッスンを受けているとき、その部分が違うと何度も繰り返し歌わされた歌です。

 歌詞のまま、自分のためだけに歌っているようではダメだと、何度もきつく言われました。みんなのために歌うというのが心のベースにないと舞台に上がる資格はないのだと厳しく教えられました。

 それは芸能、文学においてだけでなく、生きること全てに通じていることだと最近になって思います。だから、この客引きの女の子達に自分のために客引きをしているのでなく、誰かのため、みんなのために、それをしているんだと気づいて微笑んでほしかったのです。

 もし、そんなマッチ売りの少女を見つけられたなら、私はそのマッチで我が身に火をつけ、きっと彼女を暖めてあげるのに、心からそう思っていたのでした。

 そのとき路地裏から、たどたどしい声がして違う世界の客引きの女が出てきました。
「オニーサン、5千円ポッキリ。○〇も××も大サービスね。」

「本当?」
 そして、二人は薄暗い路地裏に消えていきました。
 
 

 

 

 
 
 
 音楽  9  0

コメント

No title

オチがいいですね~^^
マッチ売りの少女でも、違うマッチを売っていたんですね。
下半身を燃やすマッチね…あれは燃えた後が抜け殻になったりして(笑)

Re: No title

 日本の子供は簡単にスマホを買ってもらえるような国で、こういう物語はリアリティーなさすぎて美しく感じてしまっていけません。

 先日、久方ぶりに蛍の墓なんぞ見たら、サクマドロップの話じゃなかったのでビックリしました。

URL | donnguri77 ID:-

agkcvuxipo@gmail.com

劇団 どんぐり  サイレント・イブ

ahmhswy@gmail.com

劇団 どんぐり  サイレント・イブ

ifxrpg@gmail.com

劇団 どんぐり  サイレント・イブ

nhqmsfiw@gmail.com

Hi there, You've done a great job. I¡®ll certainly digg it and personally suggest to my friends. I'm confident they'll be benefited from this website.

jxwczpet@gmail.com

劇団 どんぐり  サイレント・イブ

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)